まとめもおーぷん(移転しました)

おーぷん2chをまとめめもブログです

「まとめもおーぷん」は移転しました。

新URLはhttp://memo2ch.com/です
今後は新サイトのみ更新し、こちらの旧ブログは更新を停止いたします。

従来の携帯(ガラケー)では新サイトを見られないという報告をいただきました。
恐れ入りますがパソコン・スマートフォンでの閲覧をお願いいたします。

2017.10.02 移転先で更新した記事を少しだけ追加、既存記事の整理をします。
ですが基本的にこちらの更新はございませんので、PC・スマートフォンをお持ちの方は新サイトをご利用ください。

タグ:オススメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : その神経が分からん!その10 
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1437324714/

600 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)03:27:33 ID:fgr
変な新入社員の書き込みを見たけど
うちに中途採用で来た社員はもっと酷い

取引先の企業の偉いさんの息子というやつで
常識がないどころではないとんでもないのを7月に縁故採用した
ミラクルなやつなのでクル男とする
年齢は32歳で、履歴書を見たら職歴は多数の会社に入ってはすぐ辞めてた
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : (-д-)本当にあったずうずうしい話 第3話 http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1439562009/

262 名無しさん@おーぷん[sage] 2015/08/20(木)20:36:10 ID:uww
たった今あった出来事

モールのフードコートの端っこにある窓際の席で一人でマック食べてたら、
カップルの女性の方に声かけられて
「すみません、席譲って頂けませんか?」
って言われた。

コート内の席は半分くらい埋まってる程度で、結構空いてる。
状況がよく分からなかったので、えっ・・・?と固まっていたら
「私達夫婦なんですよ、夜景見ながら2人で食べたいんです」
ときた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : 復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 2 http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1421112725/

797 名無しさん@おーぷん[sage] 2015/08/12(水)12:02:48 ID:TWn
夜中に酔っぱらって親父、帰宅。同じく同僚の酔っぱらいを連れて
「×子(母)オラ、出てこい!」怒鳴る怒鳴る
近所迷惑なので姉と俺が渋々起きる
酔っぱらい同僚、最初から説教モード「亭主をATM扱いとは何事だ!」姉に向かって怒鳴る
チンピラがやるみたいに顔を近づけ、威嚇に入ってやがったので俺が後ろから剥がし
後ろでニヤニヤしてる親父目がけて突き飛ばし
「またかよ!こりねーな!」って同じように顔を近づけて「ああん?」としてやった
酔っぱらい同僚が「親に向かってその態度は何だ!」とまた説教モードに入った

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : スカッとした武勇伝inOPEN
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395389413/


262 名無しさん@おーぷん[sage] 2015/07/13(月)18:45:25 ID:snd
今、見た武勇伝
窓際にしかコンセントのない新幹線で通路側の席に座っていた子連れヤンママが窓際席に子供を座らせスマホを充電していた。
そこに楚楚としたって表現がぴったりなスーツの女性が
『窓際、私の席なのですが』
と声を掛けていた。
ヤンママは
『子供座っているしスマホ充電中なんで』
と顔も上げずゲームしていた
 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1434008877/


696 名無しさん@おーぷん 2015/07/30(木)18:00:21 ID:ufU
シスコン気味な姉のしてくれた仕返し。
姉は体が弱い人で、たかが風邪でも肺炎寸前までこじらす。両親も心配して微熱でも医者、漢方とありとあらゆるものを与えたが虚弱は治らず。
でも姉はそんなハンデをもろともしない強い人でもある。文化部に入り、黙々と活動し優秀な成績を残すし、世間で一流といわれる某大学へも進学した。
そんな姉とは違う私は、身体だけが丈夫なちんちくりん。チビだし色黒だし頭も良くない。
なのに姉は世界一可愛いと物申す。私が転べば絆創膏を貼り、勉強ができないと泣けばこんな馬鹿にも根気強く教えてくれ、部活の大会には忙しい両親にかわり応援に来てくれてた。
だいぶ話がそれたけど、私は高校でいじめられてた。部活の大会で先輩達よりも良い成績取ったら、生意気だってそんだけの理由で。
シューズに泥盛られてたし、教科書アクエリアス塗れにもされたし、ラケットのガットは破かれた。本当思い出すのも悔しい。
両親には言いたくなかった。忙しい人達だけど、本当に大事にされてるなあって分かってたから。悲しませたくなかったんだよ。
けど、姉にはそっこーでばれた。姉、色白いのに顔真っ赤になって、穏やかな人なのに般若みたいだった。
その時はもう姉は社会人だったんだけど、夜中までパソコンやら電話やらしてた。んで、次の日一緒に登校。校長先生と顧問と先輩達が集められてた。

続きを読む

このページのトップヘ