まとめもおーぷん(移転しました)

おーぷん2chをまとめめもブログです

「まとめもおーぷん」は移転しました。

新URLはhttp://memo2ch.com/です
今後は新サイトのみ更新し、こちらの旧ブログは更新を停止いたします。

従来の携帯(ガラケー)では新サイトを見られないという報告をいただきました。
恐れ入りますがパソコン・スマートフォンでの閲覧をお願いいたします。

2017.10.02 移転先で更新した記事を少しだけ追加、既存記事の整理をします。
ですが基本的にこちらの更新はございませんので、PC・スマートフォンをお持ちの方は新サイトをご利用ください。

タグ:ロミオ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : ロミオメール 2
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427709962/


188: 名無しさん@おーぷん 2016/02/24(水)12:50:12 ID:GdK
元旦那が豹変した話。
結婚四年目、子供ができなかったので検査をしたら二人とも不妊発覚。
子供は諦めざるをえず、それから半年後くらいから元旦那がおかしくなってきた。
というか、幼児退行してきた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : 笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1452252732/


295: 名無しさん@おーぷん 2016/02/20(土)20:26:12 ID:9AI
私の元夫は自宅に相手を連れ込んでの浮気をした。
当時、元夫は転職に失敗して事実上無職状態。
(就職はしていたけど仕事は一切ない状態)
生活費の他にローンだの元夫母の病院代だのがあり私はシャカリキになって働いていた。
その出張中に連れ込んだ。
正直言って私ももう愛情は冷めていた。
だから元夫完全なる有責で離婚できるのは朗報だった。

なんで連れ込みがバレたかというと、現場を見たのではなく相手が痕跡を残しまくったから。
元夫が私の悪口を言いまくったせいもあり、私にマウンティングするつもりでやったんだろうけど
それが、その痕跡がね、超きったないw
 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : ロミオメール 2
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427709962/


184: 名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水)12:41:27 ID:Gwz
元旦那からのロミオ。
妊娠中にウトが他界し、良トメと同居になった。
ハイリスク妊婦だったので、大病院激近バリアフリーなトメ家は正直渡りに船な立地だった上、トメとも仲がよかったので同居はありがたかった。
元旦那も始めは喜んでたんだけど、無事産まれた娘が話しだしたあたりからおかしくなってきた。
元旦那は娘に必死に「虐待」という言葉を教え込んだ。
 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : ロミオメール 2
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427709962/


40: 名無しさん@おーぷん 2015/07/03(金)21:10:55 ID:Cbs
元彼とは婚約話が上手くいかず別れた。
元彼母はかなり嫁いびりをされていたそうで、だから結婚したら反抗せずにいびられて欲しいと。
その話を私が元彼家に行った時に元彼が元彼母にしたら、元彼父は大喜び、元彼母はそれまでニコニコだったのが真っ白って感じだった。
それから元彼母はうつになり入院。
私は疫病神と言われふられた。
その元彼からきたのがこれ。
なっちゃんは仮名です。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : 何を書いても構いませんので@生活板 18
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1453036264/


673: 名無しさん@おーぷん 2016/01/29(金)14:03:48 ID:2QI
昨日久しぶりに元旦那から連絡がありました。
私と元旦那の離婚の主な離婚原因だった義妹が死んだそうです。
死んだのはかれこれ1か月ほど前だったようですが、ようやくいろいろなことに整理がついたので、もう一度やり直せないかというものでした。
私の方は、別れるときには旦那に対しては未練などなかったのですが、旦那のほうはそうでもなかったみたいです。
 
続きを読む

このページのトップヘ