まとめもおーぷん(移転しました)

おーぷん2chをまとめめもブログです

「まとめもおーぷん」は移転しました。

新URLはhttp://memo2ch.com/です
今後は新サイトのみ更新し、こちらの旧ブログは更新を停止いたします。

従来の携帯(ガラケー)では新サイトを見られないという報告をいただきました。
恐れ入りますがパソコン・スマートフォンでの閲覧をお願いいたします。

2017.10.02 移転先で更新した記事を少しだけ追加、既存記事の整理をします。
ですが基本的にこちらの更新はございませんので、PC・スマートフォンをお持ちの方は新サイトをご利用ください。

タグ:彼氏

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : 百年の恋も冷めた瞬間 Open 4年目
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1454399928/


158: 名無しさん@おーぷん 2016/02/25(木)10:45:56 ID:XDE
元彼の話。

iPhoneやGoogleのCMみたいなのに憧れてるのか、やたらスマホの音声認識機能を使おうとする。事あるごとにスマホに向かって「ヘイシリ」とか「オッケーグーグル」とか言う。

でも現実はなかなかCMみたいにいかなくて、
「このへんでおいしい店探して」
とか言っても、
「ここは栃木県です」
みたいな、すっとんきょうな答えが返ってきたりして結局二度手間三度手間(ちなみにその時いたのは栃木県ではない)。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : 何を書いても構いませんので@生活板 20
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1455978467/


46: 名無しさん@おーぷん 2016/02/22(月)10:04:52 ID:6xQ
以前、勤めていた会社から係長昇進を打診された
色々思うところあって断るつもりでいたのに、どこかからその情報を耳にした彼氏(同僚)が
「女のくせに役職者になるつもりか、いい気になるな、辞めてしまえ」といきなり言ってきた 
  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : 百年の恋も冷めた瞬間 Open 4年目
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1454399928/


124: 名無しさん@おーぷん 2016/02/21(日)11:37:14 ID:Vze
若い頃付き合っていた彼。
趣味とか感性が本当によく合って、一緒に過ごす時間がすごく楽しかった。
ただ一つ気になったのが、彼が妙に飲食についてのこだわりがあったこと。
こだわりと言っても「これはこうじゃなきゃ!」みたいなハッキリしたものじゃなく、
彼自身もよく分からないけど「なんとなくこうじゃないと落ち着かない...」って感じ。
 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : その神経がわからん!その17
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1454028462/


806: 名無しさん@おーぷん 2016/02/21(日)15:52:38 ID:x0K
3年前、会社の同期(男)と交際したが、付き合ってすぐ彼が昔の恋人と元サヤに戻ろうとしたので二股野郎は要らんとお別れした
別れ話をしているとき、さすがに悲しくなって、会社の寮だったにも拘らず私が大泣きしたので声が響いて周囲に詳細が筒抜け
結果、元彼は同期の女性陣のみならず、男性陣からもハブられるようになった
(一部の男性陣は、二股を英雄視?して変わらず仲良くしているようだった)
その後私は社外の人と結婚して退社したが、今でも元同期たちとは仲が良く、個人的に遊んだり、
定例の飲み会や結婚式に呼んでもらってる
 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ
引用元 : 復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 3
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1444636509/


424: 名無しさん@おーぷん 2016/02/10(水)23:43:25 ID:7fO
長くなりますが。私がした小さな復讐。

20代の頃、当時の彼氏A(以下、モラ夫)と同棲していた。
モラ夫は典型的なモラハラ男だったがそれに私が気づいたのはA男と同棲し始めて1年経った頃だった。
当時私は性格はいろいろアレだったが、幸いにして友人には恵まれていた。
反対にモラ夫はどこに行っても「オレ様かっこいい」「仕事のできるオレはすごい」
という態度だったため、友人はできても気心の知れた悩みを打ち明けられる人間は皆無。
唯一、自分をさらけ出せる相手が私、という状態だった。

友人らにも紹介して一緒に共通の友達として付き合っていたが、家に帰ればモラ夫はすぐに発狂し
「お前の親はクズ」「友人らはお前のことなんか嫌いなんだ」
と徐々に私を洗脳していった。
 
続きを読む

このページのトップヘ